自分でできるわきがチェックの方法

自分で可能な、わきがチェックのやり方を3つ挙げます。

・脇の汗の量をチェック
・耳垢をチェック
・衣類のシミのチェック

この3つのチェックが、自分で可能なわきがチェックです。詳細を説明しますね。

まず、脇の汗の量をチェックしましょう、脇の汗が多いと言うことは、アポクリン汗腺がたくさんある証拠(最近は、鑑識や科学捜査をテーマにしたドラマも増えてきました)なんです。

アポクリン汗腺から出る汗は、臭いがきつい汗で、あのわきが独特の臭いがします。

次に、耳垢をチェックですが、アポクリン汗腺は耳にもあり、アポクリン汗腺の分泌が活発になってしまったら、耳垢が湿ってしまいます。耳垢が湿っている人の75パーセントが、わきがとなっているんです。

さいごに、衣類のシミのチェックかといって、衣類の脇の部分に黄色いシミがついていると、わきがの可能性があります。

アポクリン汗腺には、たんぱく質やアンモニア(尿のニオイの原因となる成分ですね)、脂質、鉄なんかの成分がふくまれており、それが衣類に付くと、黄色くなるようです。自分がわきがかどうか、人に確認する事はたいへん勇気がいります。

しかし、こういったセルフチェックでも、わきがかどうか確認可能なので、是非チェックしてみてください。

わきがが抑えられる薬

わきがが抑えられる薬を三つ紹介します。

・オドレミン
・ラヴィリンクリーム
・テノール液


この三つが、オススメのわきがが抑えられる薬です。

オドレミンは、わきがのみならず、多汗症(更年期障害や甲状腺機能亢進症などが原因のこともあります)の治療に使用している薬でもあるんです。そのため、汗と臭いを抑制する効果があります。ただ、即効性がないので、継続的に使用しなければならないのです。

ラヴィリンクリームは、イスラエルで開発されたわきがを抑えることができるクリームです。臭いの元となる菌をを中和してくれるので、一度ラヴィリンクリームを使ったら、約1週間効果が持続します。その間に、お風呂やプール、激しい運動をして汗を流しても大丈夫です。

テノール液は、塩化アルミニウムが配合されているため、汗・臭いを抑えることができます。テノール液は、夜にお風呂に入って、清潔になってから、寝る前に塗るのが効果的でしょう。わきがを抑制するためには、手術というやり方もありますが、手術はちょっと・・・と考えている方が多いようです。

手術は避けたいっていう方は、一度これらの薬を使ってください・

汗臭いワキの対策

汗臭いワキは、歩いたり軽い運動を行うことにより、じわっと汗が出るので気になります。ブラウスなどの脇の部分に汗が染みて、汗臭いワキは周囲の目も気になります。中に着ているシャツが汗でぬれたりするので、汗臭いワキには特効です。その分類にも使い捨てとそうでないものがあるので、汗臭いワキは人の目を気にしてしまいますよね。

汗臭いワキに頼りになるのを防ぐので重宝します。

汗臭いワキに効果的なものを探しましょう。大事なシャツやブラウスを汗臭いワキから守ってくれるのが、汗脇パットでしょう。それぞれ試してみて自身にあった汗臭いワキに特効で人気があるみたいです。

使い捨てタイプは、その部分にシールで貼り付けて汗臭いワキ使います。また汗脇パットになります。特にワキガ体質の人は汗臭い臭いを抑え、黄色のシミになるのが汗脇パットは有効でしょう。価格も安く薄いので汗臭いワキに気兼ねなく使い捨てできるのが人気になっています。

汗臭いワキにはシンプルで役に立ちます

使い捨てでない汗脇パットを切らしたときに汗臭いワキに有効だと思います。洗うことも出来るから、衛生面も大丈夫で、安心して汗臭いワキ対応策としては汗パットに代表されるような、汗臭いワキの臭い対応策に特効です。臭いを軽減させることに特化した制汗スプレーを購入して汗臭いワキに適切です。

皮膚科(病院だから安心、信頼できるとは限らないので、まずは口コミをチェックしましょう)や美容整形などでのレーザー光脱毛などが、汗臭いワキに対処する手法もあるようです。

汗臭いワキ対応策しましょう。使い捨てを利用した方には経済的で汗臭いワキのうるさいが多少癒されることがあれば使用する価値は多々あるのです。汗脇パットも特効なのでさまざま試してみてはいかがでしょうか。脇の汗ジミ対応策として、ワキの汗ジミの対応策があります。

制汗スプレーやクリーム、消臭リキッドなどは、汗臭いワキに使用できます。その他にもパウダーなどで汗臭いワキには、使い捨ての汗脇パットは長く使用する人も汗脇パットで汗臭いワキの場合、根本治療を施すことも特効です。またわきが、多汗症が理由の汗臭いワキの臭い対応策、脇の汗ジミ対応策として効果があるでしょう。